ダイヤモンドの4Cについて



4C ダイヤモンドのグレードを決める基準に4Cが使われます。
4CとはColor、Carat、Crality、Cutの頭文字で、その基準値のグレードによって価値判断がされます
Carat
カラット
ダイヤモンドの重さの単位で1カラットは約0.2gです。大きくなるほど希少性が上がります。
婚約指輪では0.3カラットから0.5カラットくらいの大きさが主流です。
Color
カラー
ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明な物ほど高く評価されます。
それとは別に、ファンシーカラーといって「色」を楽しむダイヤモンドもあります。無色透明なものをDとし、Zまで分類されます。
Gカラーまではほとんど無色といってもいいくらいで主に婚約指輪などに使われる最高のカラーグレードです。


Crality
クラリティ
「透明度」を表す基準です。キズ、欠け、内包物(インクルージョン)の 大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。
天然の証である内包物が無いダイヤモンドは非常に希少性が高くなりますが、
最近ではクラリティをあまり気にせずにファッション感覚で大きなダイヤモンドをお選びになる方も多くいらっしゃいます。
一般的にVSクラスなら婚約指輪としても申し分のないグレードです。


Cut
カット
上記の「3C」は自然が生み出した価値基準ですが、カットは人の手によるものです。
研磨する職人の技術次第で石の欠陥がカバーできたり、
逆にその石の価値を落としてしまうほど重大です。



これらのCのグレードの組み合わせによっておよその価格が決まってきます。
グレードはあくまでも基準であり鑑定機関によっては若干の違いが出ることもあります。
ダイヤモンドの鑑定機関として信頼の厚いのがGIA、DGL、AGT、CGL、GAAなどで、
当社の鑑定書付きの製品に関しましてはこれらのいずれかの物が付いております。